アズミLv.48の雑記帳

北海道在住アラフィフ転勤族夫婦の雑記、車中泊&温泉、miffyの話など書いています

車中泊の話_音更町「インデアン音更店」帯広市「ひまわり温泉 森の郷」

5月3週目の週末。

また来札のため週末に出かけることにしたのですが、今回はその前に音更にて車中泊してから行くことになりました。

というのも。GWに白糠から日高方面へ抜けるとき一度音更に立ち寄ったのですが、どこ行っても人だらけで…

1時間待ちと言われ断念した店があったのでリベンジです。

もう何も言うことはないインデアン

いやもうこれは十勝に行ったら定番…というか鉄板なんですよね。

インデアン音更店には毎度お世話になっております。

安定のチキン×チーズ美味しかったです。

何度も食べておりますが、前回の屈辱(?)を果たすことが出来ました。

 

さてお腹を満たしたら温泉に行きますよ。

今回は銭湯のような温泉「ひまわり温泉」さんにお邪魔します。

住宅街にひっそりと佇む温泉

himawari-morinosato.com

泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。

帯広ではメインとなるモール温泉で、お湯は琥珀色。お肌しっとり系ですね。

入口→靴箱→すぐ脱衣所入口。珍しい並び

上の画像の右側。ドリンクとサウナハット販売中

上の画像のさらに右側。脱衣所入口の背中側に当たるところに受付

受付下の白樺の木目が美しいですね。

その手前にはパンやザンギなどのホットメニューが販売されています。

券売機の右にトラベルサイズのアメニティなどのショーケース。

こちらではシャンプーリンス・ボディソープが備え付けられておりません。

持参していない人はこちらで購入することになりますが、大人450円なので文句は全くございません。

脱衣所はかごの棚と鍵付きロッカーの2種類。

ロッカー利用には100円玉が必要(返却されます)。

ドライヤーは10円(3分)かかるので小銭の準備をお忘れなく。

 

こちらで人気なのは温泉はもちろんだけどフィンランド式のロウリュサウナ。

サウナは高温だし水風呂も冷たい(15~6度)ので男性には人気が高そうですね。

ドバっと汗をかきたい人にも良し。露天風呂にTVもありのんびりしたい人にも良し。

ただ塩素臭があるのでその辺が気に入らない人は長湯は無理かな?

あと口コミサイトに書き込みがありましたが蛇口が壊れている洗い場があるようで、確認してから洗い場を決めた方が良いかもしれませんね。

(私もシャワーが止まらなくて…マジでどうしようか悩みました)

 

お風呂の後のくつろぎタイムも心地よく過ごせる設備がたくさんです!

受付奥ではアイスやサイダー、食券が買える

サウナ―にヒット中のあのドリンクも…

入浴料も安いけどサウナ飯をセットにすると更にお得

銭湯に近い施設で海鮮丼とか石焼カレーとか、なんか常識を超えているような…

これはツーリングや車中泊で十勝までやってきた人には嬉しいですよね。

これ本当に温泉?

お風呂自体は改装を重ねた年季を感じるんですが、この入浴後スペースで若い層をターゲットに努力している姿勢が伝わってきます。

もちろん畳スペースもある。マンガも完備

キッズスペースもナチュラルな雰囲気。ミッフィーいいよミッフィー

この床は木目ですが天然木ではなく多分コンクリの上に木目調のクッションフロアを敷いている形なんですよね。

キッズスペースは芝生シートの下にジョイントマットとか敷いてあげたら足元が柔らかくなって小さな子が転んでも安心かもしれません。

画像右側には写っていませんがキッズ用のゲームコーナーがあります。

その奥はマッサージチェアとテレビスペース。

コロナ禍で新聞・雑誌を置くのを辞めてしまった店舗もありますが、こちらにはちゃんとありました。

テレビ前は一人掛けソファ。…中央の懸垂器具を使う勇気は出ない…

そしてこの施設の一番すごいと思ったのがこちら↓

ここ風呂だろ風呂…

テーブルとチェアがあるだけなんだけどね

これは想像ですが、元々はここ喫煙スペースだったんじゃないかと。

そこをコワーキングスペースにするって…すごい発想の転換だと感じました。

確かにカプセルホテル×サウナという店舗ならこういうニーズの客層もいるだろうから、使う人はいるんでしょうね。

ただコワーキングスペースにするならドアはあるのがベターだと思いました。

もちろんフリーWiFiも完備

温泉だけじゃなく色々と企業努力の垣間見えるよい施設でした。

近くにあったら毎週行くのにな。

さて入浴を済ませたことだし宿泊先の道の駅へ移動します。

長くなったので続きは次回。

 

 

 

↓ポチって頂けると励みになります。よろしくお願いいたします↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

 


北海道旅行ランキング

お祭の話_網走市「春カニ合戦in網走」

今月札幌ではよさこいソーラン祭りや北海道神宮祭が復活したとのことでたくさんの人が中心部に駆け付けたようですね。

実際私も所用でよさこいソーランの週末は札幌にいたのですが、コロナ禍の中ではかなりの人出だったのではないでしょうか。

(天候不良から人が地下とか屋根のあるところに集中したという説も否定しない)

たくさんのお祭りや催し物が中止・延期され、市民がイベントに飢えていた部分もあったと思われます。

少なくとも私はそうです。

そんなコロナ禍ですが網走では札幌より約1か月前にイベントが開催されました。

それが「春カニ合戦in網走」!

照明の反射で見えにくい部分があってすみません

「網走では年に一度投げられた蟹を奪い合うイベントがある」と夫の職場から聞いていて、そんな壮絶な催しが…とワクテカしておりました。

でもこのコロナ禍でそんな密120%なイベントやるわけがない。

夫の転勤が先かイベント開催が先か…と思っていましたが、今年ついに開催!

北海道内で様々なイベントが中止される中、札幌よりも網走が先陣を切ったという事実にオホーツク民としては胸熱です。

というわけで行ってきましたよ。

まずは入場前に検温と消毒

道の駅駐車場で開催されたのですが、駐車場は満車で長蛇の列。

市の公民館・エコーセンターからも送迎バスが往復、こちらの駐車場も無料で利用できるのですが…知らない人も多いからね。

(単に観光で道の駅へ来た人は大変だったのでは…)

入場後、飲食が楽しめる当日券販売所があるのでそちらを買うとお得。

前売券・当日券には300円分のお買物券・飲み物(ペットボトルドリンクorプラカップビール)引換券が2枚・カニまきエントリー抽選券・春カニマル得抽選券がついています。

(券を買わなくても販売物は現金で購入が可能)

カニまきエントリー抽選券」とは先ほど記載の「投げられた蟹を奪い合うイベント」に参加するための抽選券。

この抽選に当選→カニまきに参加!というわけです。

カニまきは午前1・午後3回行われ(予定では午前午後1回ずつ)、抽選も長蛇の列でした!

「春カニマル得抽選券」とは午後12時半に開催されるたくさんの景品が当たるイベントで、この券を購入した人が参加できます。

(券がナンバリングされておりそのナンバーで抽選を行う)

開始後1時間ほどですが、久々に見た景色

会場中央に飲食スペース(テーブルと椅子が用意)があるのですが、とっくに満席でベテランの方はテーブルとイスや敷物を持参済み!

茹でカニ・ホタテの限定即売所は茹でられている海産物が出ては売れてなくなる、という凄まじいサイクル。

飲食物販コーナーには22店ほどの市内店舗の出店があり、海産物以外にもカレーや焼鳥などの鉄板メニューやクレープ・ソフトクリームなどのスイーツも販売されていました。

買っても食べるとこないから後から来たみなさんは網走川の方に移動しています。

川の向こうはオホーツク海。真ん中に見えるのは帽子岩

流氷観光砕氷船オーロラⅡ号

オーロラ号はGWから知床観光船として活躍する予定ですが、この日は網走に停泊。

この日の3週間ほど前に知床では観光船の悲しい事故が起きており、予約のキャンセルが相次いでいるというニュースが流れていました。

天候も船の規模も違うからオーロラ号ではありえない事故だけど、キャンセルは仕方ありませんよね。

何か別の方法でもいいから活用されますように。

紋別ガリンコ号は遊覧・釣りクルーズなど頑張ってるし…

 

さて軽くお腹を満たしたら春カニマル得抽選会のためステージ近くに移動します。

みんな当たりたくてうずうず

毛ガニやズワイガニ、地元のお酒や網走市内のホテル宿泊券などたくさんの景品が当たる抽選会。

会場全体に聞こえるマイクで当選番号を読み上げてくれるのでステージ近くにいなくても当選番号は分かるんですけど何故か近くに行ってしまう人間の心理。

まぁ夫と私はハズレましたけどね orz

 

ただ…この抽選会とカニまき午後の部エントリー抽選が同時進行だったんですよ。

カニまきの方は並ばないと抽選が出来ないので、カニまきエントリーに並んでいるとマル得抽選会に当選しても景品を取りに行けない→当選者なしとなり当選権利は消滅してしまう、というひどい話…

多分カニまき抽選の参加者が予想より多すぎたんでしょうね。

実際午後の部が1回→3回になったんだし(各回の参加人数も増加)。

そうじゃなきゃ10年やっているイベントでこのお粗末ぶりはありえない。

これは今後に生かし改善してほしい事例でしたね。

 

私も夫もカニまき抽選には並ばなかったのですが、夫の職場の人に偶然お会いした際…

代理参加・夫

子供ちゃんの体力の限界(寝落ち)で急遽帰宅するので、と誓約書を託されました。

同じ転勤族の職場の人が高倍率の中ゲットしたカニまき権、これは何としてもカニゲットせねばと燃える夫(?)。

こんな猛者どもの中でカニゲットできるのか…

誓約書を渡し、装備アイテムをゲット

ビニール手袋をしてから軍手を装備(手袋が開かない)

ステージから概要と注意事項を今一度説明し、開催

空に舞っているピンク色の物体がカニらしい

白い物体は練り物だそうで皆様目もくれない

これ格闘技やないかーい(夫談)

カゴにカニを入れてゲットとなるのですが、飛んできたカニをそのままカゴに入れようとすると跳ね返って入ってくれないそうで。

夫曰く片手で&手首を回しながらじゃないとカゴに収められないとのこと。

…捕獲の高度なテクニック&猛者からの体当たりへの耐久力が必要って…

さすが「春カニ合戦」と銘打つだけある。

悲しいけどこれ戦争なのよね(byスレッガー中尉

 

↓夫の戦利品↓

毛ガニ1匹

元高校球児かつ工業高校卒の夫が何度も体当たりされ「お前ら(他の猛者)がその気ならこっちも本気出したるわー」と意地でゲットした1匹。

手首を回しながら取るには1匹が限界だったようです。

(先に取ったものが落ちるから。鞄を持参していた人は戦利品を鞄に移動させていた)

この戦利品は権利を譲って戴いた夫の職場の人にお渡ししました。

カニはいつでも食べられるし、楽しませて戴いただけで十分です。

 

十分楽しんだところで帰宅。

結局カニは夫の職場の人(さっきの方とは別の人)からおすそ分けされただけで、全然食べませんでした…

まぁ旬は長いし、今後に期待します。

 

 

↓ポチって頂けると励みになります。よろしくお願いいたします↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

 


北海道旅行ランキング

GWの話_遠軽町「丸瀬布森林公園」「道の駅まるせっぷ」上湧別町「道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯」

すみません。多忙が続き、ようやく更新です。

いい加減GWの話もしていられないので…3か所まとめて。

(正直いつ行ったかなんてどうでも良いんですが)

 

帰路に就きながらも寄り道をちょこちょこして行きます。

まずは遠軽町丸瀬布の「丸瀬布森林公園」にてSL撮影。

engaru.jp

(上記も下記も遠軽町のHPです)

SLに関しましてはこちらのページに詳細が載っています。

engaru.jp

 

以前こちらのSLには乗車したことがあって、今回は撮影のみの立ち寄りです。

国内唯一の動く森林鉄道蒸気機関車

機関車の蒸気とこの時霧雨が降っていたので画像がかなりぼやけてしまいました…

というわけで加工キツイですがお許しを。

昭和4年から丸瀬布町では木材の運搬で蒸気機関車が活躍し、ディーゼル機関車に交代する昭和33年まで運行されていたそうです。

車体の倉庫には木材を輸送するために使っていた車両も保存・展示されており、鉄道ファンには懐かしい歴史を垣間見ることが出来ますね。

車両は2両編成

ちなみにこちらの公園ではこの蒸気機関車だけではなくキャンプ場やゴーカートなどの乗り物遊具、テニスコートパークゴルフ場などもあるようです。

決して天気は良くなかったのですが、バンガローもあるオートキャンプ場にはたくさんのファミリーがいらっしゃいました。

完全予約制なので急いでいく必要もなく、混雑で嫌な思いをすることも少なそうですね。コロナ禍にはもってこい。

 

次に向かったのは丸瀬布の道の駅。

hokkaido-michinoeki.jp

建物自体は「木芸館」と書かれていますが、道の駅と併設。

木工品や自動演奏ができるグランドピアノが特徴の道の駅で、地元丸瀬布の木材を使用して制作されているそうです。

木工品がたくさん。三角屋根で天井が高くグランドピアノの音がよく響く

真ん中にグランドピアノがあるんだけど、全然写ってないアングル… orz

丸瀬布のマップ。作りこみがすごい

入口すぐ横から木工品の棚

グランドピアノの作り方

店内の展示によると、丸瀬布のエゾアカマツが国産ピアノの響板・鍵盤板に使用されているそうで、割合は約60%!

国産ピアノの半数以上が丸瀬布の木材で成り立っているのですね…素晴らしい。

壁も木材加工されている

画像右上にいる鉄道は先ほど見た蒸気機関車「雨宮21号」ですね。

竹田君が目立ちすぎ

ちなみにこの竹田君、「がんばる竹田君」という商品で中には竹炭が入っています。

脱臭剤や枕にすると良いそうです(マイナスイオンがいっぱいらしい)。

手作りの加工品

全ての商品・作品が手作りではないと思うのですが、木の手触り・ぬくもりが優しい印象のものばかりでした。

遠軽ではこちらの道の駅だけじゃなく「国産材需要開発センター 木楽館(もくらくかん)」や「木のおもちゃワールド館 ちゃちゃワールド」など木工品に親しむことが出来る施設が多く存在しています。

遠軽に来たときはぜひ見てみてください。

(スタンプラリーもあるし…)

 

最後に夕食に向かったのは「道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯」。

www.hokkaido-michinoeki.jp

上記が道の駅のHPで、下記は湧別町のHPです。

www.town.yubetsu.lg.jp

温泉には一度来たことがあるのですが、レストランは今回初めて。

「食事処 ちゅーりっぷ」にお邪魔します。

メニュー表片面

メニュー表もう片面

混む時間帯はずらしたのですが、他にもお客様がいたので画像はナシで。

さて何を戴こうかと思いメニューを見たのですが…これはもう一択ですね。

せっかく湧別町まで来たんですから還元しなくては。

地元ブランド牛であるゆうべつ牛のステーキをオーダー!

ゆうべつ牛のステーキ定食 1530円


ごはんは小盛丼サイズ。

オホーツクこんぶ塩とステーキソースがついています。

できれば塩で戴きたかったので嬉しいですね!

ちなみに厚切りステーキというほどではありません。

にくアップ

食べた感想は… 柔らか&ジューシー。肉の脂はしつこくありません。

ただし細かい筋がちょっと多く感じました。

この辺は素人なので加工の問題なのか肉の特徴なのかよくわかりませんが、筋が気にならなければいいのにな~肉質は悪くないだけに残念。

これからまだまだ改善していくのでしょうから今後に期待します。

ちなみにゆうべつ牛は現在東京など道外への出荷が9割で、道内で食べられるところはかなり限られているよう。

貴重な機会だったとは!有難いことです。ごちそうさまでした。

 

温泉に入らなかったのは他のいつもの温泉(紹介済み)に行ったからなんですが、以前入ったことはあるのでちょっとだけ説明を。

浴場は洋風と和風があり男女入れ替え制となっています。

(設備はさほど変わりない様子)

全体的に結構広く洗い場に仕切りがあり、サウナや露天風呂も人数が多く入れます。

ただ露天風呂に東屋的な屋根はありません。

温泉は炭酸水素塩温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)、ツル&スベ系ですね。

シャンプーリンス・ボディソープ完備。

レストランの他に軽食スペースもありとても寛げる温泉だと思います。

温泉に入った後すぐ車中泊できるというとても嬉しい道の駅ですが、温泉は22時で閉まり(冬季は21時、入館は1時間前まで)閉館後はトイレにも入れなくなります。

車中泊したい人は同じ敷地内の鉄道資料館横の公衆トイレ(冬季閉鎖)かバス待合所のトイレが利用できるそうなので、道の駅よりそちら寄りに停めた方が良いかもしれません。

 

ようやく帰宅できました…書き終わるまで1ヶ月以上…

長かった orz

まぁタイムリーな話題にこだわらずテキトーに書いていきますので、これからもよろしくお願いいたします。

 

 

↓ポチって頂けると励みになります。よろしくお願いいたします↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

 


北海道旅行ランキング

GWの話_旭川市「コメダ珈琲旭川買物公園通り店」「北海道立旭川美術館」

秩父別温泉を出た後、私達が向かったのは旭川市

まずはなにはともあれ朝食。

www.komeda.co.jp

旭川の中心、買物公園通りにあるので立ち寄りやすい立地ですよね。

私達は車で来たので「こんな街中でも駐車場あるのかな…」と心配になったのですが、さすがコメダは駐車場ありき。

コメダが入っているビルの提携になっている立体駐車場に停められます!

(HPには「駐車場あり」としか書かれていないのでこんな街中じゃ駐車台数少ないのでは?と思ってしまったけど、立駐かなり停められます)

ただし無料時間は決められているのでそれだけは注意。

せっかく旭川に来たんだからもっと地元の美味しいお店を…とは思ったのですが、次の目的のためにもあまりモーニングのお店を考えている時間がありませんでしたm(_ _)m

 

そんなわけでいつもの選べるモーニング!

反射しちゃうので変な角度で撮ってます、すみません

あら?ローブパンなんてできたんですか…

シロノワールについているデニッシュパンの生地が入っているんですね。

ちょっと気になりましたがやっぱりいつもの山食パンにします。

ここに来ると我々夫婦はいつも同じものしか頼みません orz

手前が私のBセット、奥が夫のCセット

私のBセットはマーガリン塗ってミルクコーヒー。

時間があるときはたっぷりサイズにしますがこの日は普通サイズ。

夫のCセットはジャム塗ってアイスコーヒーのソフィア。

(ソフィアは好きではあるけど「ソフィア」という名前にリニューアルされる前の「金のアイスコーヒー」の方が好きだったらしい)

コーヒーのお値段だけでこれだけ戴けるんだから有難いですよねー。

愛知県やその近辺の県ではモーニング文化に力を入れるあまりセット内容がモリモリになっているというニュースを見たことがあります。

消費者側には嬉しい話ですが、お店側の経営って大丈夫なのかな…

このご時世でモーニングが縮小される…なんてことになる前に、一度本場のモーニングを戴いてみたい!

 

ちなみにこちらの店舗は今年の2/24オープン。まだ2か月半?というところ。

初めて来るお客様もたくさんいる中、スタッフの皆さんは大盛況な店舗を一生懸命回しておりました。

コメダの隣にはロッテリアがあるのですが、どちらも良いところを生かしあって頑張ってもらいたいですね。

 

さて朝食を済ませたら目的地に向かいますよ。

今日のメイン、旭川市の中心部にある北海道立旭川美術館です。

artmuseum.pref.hokkaido.lg.jp

常盤公園の中にあります

こちらでやっている展示を見るため旭川に立ち寄りました。

ミッフィィィィィィィィー!!!!

私がまだ札幌にいた頃、札幌でも開催される予定だった「美術館に行こう!」。

この展示は日本の全国各地で開催されているのですが私が札幌在住の頃、コロナ禍で札幌での開催は中止になってしまいました。

(そのあと開催されたかはわかりません、すみません)

GWに旭川で開催されることを知り、丁度立ち寄ることが出来そうなので観に行くことにしました。

入口前。来場を歓迎するキャラクター達

中の展示は撮影できないのでこの後は撮影してなかったのですが、中には一緒に撮影できるミッフィーたちが立っていてくれましたよ。

大抵お子様がお母さんと写真撮影をしていたので撮れませんでしたがこんな感じ。

うさぎなのに自転車に乗れるミッフィー

うさこちゃん びじゅつかんへいく」という絵本が福音館書店から発刊されています。

子供では敷居が高く難しく感じる美術館を子供独自の感性や知識欲を生かして楽しく見学できる、という感じのお話(一応読んだんだけど違ったらごめんなさい)。

www.fukuinkan.co.jp

この展示はその内容に沿った作品紹介や展示が並べられていました。

展示スペースの一角には塗り絵や工作なども楽しめるスペースがあります。

もちろんミッフィーの絵本もそろえられているので、こども連れのお客様もたくさんいました。

(ただそれ以外のスペースはちょっとつまらないかも…)

 

ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナさん自身もアートやデザインが大好きで稼業の出版業を継ぐ前にたくさんの芸術作品に触れたそうです。

そして継ぐ前、継いでからもたくさんの作品、書籍を残しました。

そんな彼のミッフィー以外の作品もたくさん展示されており、一応デザインを扱う業務に従事している自分には学ぶべき点がたくさんありました。

…それを生かすかどうかはまた別の話… orz

 

期間は6月26日までなので、気になった方はぜひ。

お土産売り場ではミッフィーグッズも発売されています。

展示を見なくても買うことはできますよ~ ←ひどい

 

さて旭川を後にして、そろそろ帰路に就きます。

とはいえスタンプラリーのために寄り道しながらですが…

長くなったので続きはまた次回。

 

 

↓ポチって頂けると励みになります。よろしくお願いいたします↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

 


北海道旅行ランキング

GWの話_秩父別町「秩父別温泉 ちっぷゆう&ゆ」

深川の道の駅を早朝に発ち、向かったのは昨夜道の駅の一度様子見に来た秩父別町

道の駅に隣接されている温泉で朝風呂が行われているとのことで、早朝からお邪魔します。

 

chipsk.jp

温泉前にこちらの紹介を…

HPを見て頂けるとわかるのですが、この周りには道の駅だけじゃなくいろんな施設があり、大人だけじゃなく子供も楽しめる設備が揃っています。

(温泉施設内も子供が楽しめる設備があります)

合宿が行われるぐらいスポーツ施設も揃っており、大人数用の宿泊室もあるようです。

周りの大きな町に隠れがちですがドライブの休憩にも良い場所ですね。

普段の日帰り温泉の入口はこちら

右の松の木と時計塔がここのシンボルなのですね。

道の駅が「鐘のなるまち」と銘打っているのだから、この時計から鐘が鳴るんでしょうね。

私達がいたのは早朝だったからか鐘は聞けませんでした orz

朝風呂に入るには宿泊施設の方の入口から

宿泊施設の方の入口前。とてもキレイ

フロントで朝風呂の入浴料500円を払い渡り廊下を通って温泉へ向かいます。

日帰り入浴の入口前。靴箱がロッカー式で有難い

こちらの施設は「シルクの湯」と「黄金の湯」が毎日入れ替えられているそうです。

日帰り入浴の受付が開いていなかったので販売品などは確認できませんでした。

延びているコードは清掃のための掃除機のコードです。

こちらは朝風呂の時間帯には使われないので先に清掃されているようでした。

朝風呂は5~7時半までで、通常営業開始の9時までに清掃がおこなわれるようです。

宿泊施設もあるからか朝風呂のオープンが早い!

ただし宿泊客の皆さんも朝風呂は早めに入らないといけませんね。

日帰り入浴の入口横の休憩スペース

浴場へ向かいますが、なかなか遠い!

曲がりくねった通路を通っている間に色々なスペースを発見できます。

売店はオープン前。残念

座敷の休憩所。多分宿泊客の宴会はこちらで行われるのでしょう

レストラン。メニューが多そう!

喫煙室はなかなか広そうですね

子供も大人も大好きガチャポン

キッズスペースは大事ですよね

さて奥へ奥へと進むとようやく大浴場の入口です。

今日は男性が手前「シルクの湯」、女性が奥「黄金の湯」

脱衣所入って正面に広がるロッカー。すごい。左側が窓(露天風呂)

ロッカー窓側から見た風景。設備完璧

上の画像の右側にあるトイレ。とてもキレイ

お客様がいなかったのでうかれて写真撮りまくったのですが…

誰も来ていないの?ってぐらいキレイなんですよ。

(ゴミ箱にごみが入っていたので私が来る前にはお客様がいたようです)

もっと人気出ていいよこの施設。

とっとと脱いで浴室に向かいます。

脱衣所と浴室の間にある洗面台は完全に水飲み場

洗い場もたくさん

リンスインシャンプー、ボディソープ完備

洗い場に手すりがついているのが配慮を感じますね。

あとシャワーヘッドが結構新し目のやつです。これもポイント高い。

源泉風呂と主浴槽。源泉は温度が低い

主浴槽の端っこと電気風呂。イスが用意されていて良心的

朝風呂はサウナ(これはミストサウナ。ドライサウナもあり)がお休み

水風呂。ここだけ浴槽のタイルの色が青いのでわかりやすい

内風呂に源泉風呂があるのは嬉しいですね。

(源泉風呂は黄金の湯にしかないらしいです)

加温されていないので水風呂に近い感覚になると思われますが、水風呂は冷たすぎて心臓に怖い…という方にも良いのではないかと。

休憩できるリラックスコーナーも完備

露天風呂への入口の向かいにはリラックススペースがあります。

ここで休憩しても良し、露天風呂にあるデッキチェアでくつろぐこともできます。

さて露天風呂に出てみましょう。

露天風呂入口のすぐ右には休憩できるデッキスペースとジェットバス

ジェットバスの横には黄金の湯、陶器の湯、手前はジャグジー(停止中)

壺風呂もジェットバスも一人用。

混雑時は長居できませんがくつろげて良いですよね!

一番奥の露天風呂。屋根がついているので雨や日焼けも大丈夫

なかなか充実の温泉でした。

温泉自体は単純温泉(弱アルカリ性低張性低温泉)なので特に大きな特徴があるタイプの泉質ではありませんが、体が温まる良い温泉です。

もう少し時間の余裕をもって来たかった…(寝坊)

ドライサウナはテレビもついており人数規制も特に表記されていなかったので結構入れそうですね。

ただサウナや源泉風呂などで書いていますが、「今日は男性が〇〇の湯、女性が◎◎の湯」との表記だけでその湯にどんな設備があるかは記載されていません。

(開店すれば受付などに記載されているのかもしれません)

正直、初見は「片方の浴場にしかない設備」が何なのかわからないんですよね。

(HPには記載されていますがちょっとわかりにくい)

新冠温泉に行ったときもそうだったのですが、入口前にその旨が記載されていれば親切なのにな~と思いました。

「脱衣所は黄金の湯の方が良い」という口コミもありましたし、違いを知るためにも次はシルクの湯に入りに来たいですね。

ドライヤーは4個。持参したドライヤーが使えるコンセントもあり

でもここは朝風呂の方がのんびりできてよさそう。

朝風呂ではサウナがやっていなかったりジャグジーが止まっていても日中と同じ料金ですが、もらえる入場券が2枚サービス(20枚集めると1回入浴)なので仕方ありませんね~。

 

さてそれでは次の目的地、旭川に向かいます。

 

長くなったので続きはまた次回。(まだ終わらない…)

 

 

↓ポチって頂けると励みになります。よろしくお願いいたします↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

 


北海道旅行ランキング

GWの話_上砂川町「上砂川岳温泉パンケの湯」

札幌を出て向かったのは旭川方面です。

とはいえ高速で一気に旭川まで行ってしまうのも勿体ない。

スマホスタンプラリーをやりながら下道をのんびり進みます。

夜になってたどり着いたのは「上砂川岳温泉パンケの湯」さんです。

www.pankenoyu.com

夫が昔この近辺に赴任していた時、ホテルの向かいにあったと話していた上砂川岳国際スキー場は2006年から休業しているようですね。

着いた時間が遅かったので真っ暗

営業が夜10時まで(入館は9時半まで)だったのでのんびり入ることにします。

入口正面の靴置き場。ロッカー制なのがありがたい

入浴券(大人500円)を買ってこの画像の向かいにあるフロントへ券を出します。

こちらの温泉は宿泊施設も兼ねているので、宿泊で来た場合も同じように靴を預けフロントでチェックインします。

フロント横のホール。正面のレストランパンケは20時で終了

こちらは日帰り温泉によくある座敷の休憩所がないらしいです。

(あるのかもしれないけど気付かなかった)

このホールや廊下の所々にあるベンチで湯上りの休憩をすることになるようです。

ゲームコーナーもありましたが、ちょうどその前のベンチにお客様がいて撮影できませんでした。

ちなみにレストランのみの利用もできるそうです(その場合入館料はかかりません)。

レーニングマシンも完備

脱衣所に入る前のスペースにトレーニングマシンがあり、その後ろにはストレッチができるスペースがありますね。

ある程度運動し汗をかいてからお風呂に入ることもできそうです。

500円でスポーツジムと温泉とサウナに行けると思ったらすごいことなのでは…

それにしてもトレーニングマシンの横にビールの自販機ってどうなの。

(ソフトドリンクの自販機は画像外左側)

大浴場の入口。浴場の違いは特になさそうなので入替制じゃなさそう

こちらの温泉は炭酸水素塩冷鉱泉とのことで、源泉は11度程度だそう。

(加温/循環ろ過/塩素消毒あり)

大浴槽と水風呂は源泉ですがバイブラと蛇口から出るお湯は水道水を使用しているという記載がHPにありました。

源泉かけながしが好きな人には物足りないかもしれませんが、シャンプー・リンス・ボディソープ・ドライヤー完備で高温サウナもあり500円ですから文句はありません。

しかも毎週火曜日と8のつく日は割引も行っているようなので十分お得ですね。

露天風呂がないのが…この地域なら露天風呂は大抵ついているので、それは悔しい。

 

こちらは1時間半で出ることにして、この日の車中泊場所に向かいます。

道の駅「鐘のなるまち・ちっぷべつ」か「ライスランドふかがわ」のどちらにしようかという話になり、両方行ってみて後に着いた深川にしました。

↓こちらが道の駅全体からのページ↓

hokkaido-michinoeki.jp

↓こちらがライスランドふかがわ単体のHP↓

mypage.fukanavi.com

正直、秩父別の道の駅だって十分だったんですよ。

トイレのきれいさならもちろん新しい方がきれいに決まっていますが、秩父別のトイレも十分きれいにされていましたし。

ただこの日はまったく人気(ひとけ)がなかったので別のことが心配になり今回は深川に行きました。

(獣系とか、こちらの道の駅ではありませんが地元の若者さんが集まって深夜までお話に花が咲いたり)

駐車場内でWi-Fiが使えたのも大きかった…

 

HPを見て頂けるとわかりますが、こちらの道の駅は本当に気合が入っている。

2014年のリニューアルから8年と結構経っていますが、それからも所々で部分的なリニューアルや新しいお店の進出などがあり、市がとても力を入れているのが分かります。

ライスランドと銘打っているだけに美味しそうなフードメニューが多いこと…

イベントもたくさん行われているようなのでまた行ったときにはぜひ立ち寄りたいですね。

…というのも、ここはホント車中泊だけ。

翌朝、朝風呂に向かうため道の駅オープン前に出発してしまったんですよ。

写真すら撮ってない orz

明日のためにちょっと晩酌して就寝しました。

 

続きはまた次回。(なかなか終わらないな…)

 

 

↓ポチって頂けると励みになります。よろしくお願いいたします↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

 


北海道旅行ランキング

GWの話_札幌市白石区「らぁめんくらり」再び

まずは読んでくださっている皆さまにお礼を。

先週土曜日に1000アクセス突破いたしました!

人気ブロガーさんなら数時間で突破しそうなアクセス数ですが、ただの庶民BBAにはこれはもうすごいことで… orz

某ブログサイトでフォロワーになってくださっている方、ありがとうございます!

そんなの知らなくて偶然アクセスしてくださった方、ありがとうございます!

こんな地味&特に面白味もないブログですが毎日ちょこちょこアクセスがあり、それが励みとなりここまで続けることが出来ました!

 

ちょっと話が飛びますが、昔占いの本に

「自分からやりたいと思って始めたことは大して成功/長続きしない」

「他人から認められたことを地道に続けると成功/長続きする」

と書かれていたことがありまして。

実際そうなんですよ。今の仕事も19歳から始め、やりたいこととはちょっと違ったけど自分を使いたいと思ってくれるなら…と続けて30年近く経ってしまいました。

(勤務先や仕事内容は色々変わってきているのですが)

…ということもあり正直言うと『自分から始めたブログは大して長続きしないだろうな』と最初から思っていました。

でも毎日ちょっとアクセスがあると「見に来てくれる人がいるなら」と続けてしまい、気づいたらちょっとの積み重ねがある程度まとまった数字に。

皆さまのお陰です。ありがとうございます。(←大事なことなので3回言う)

今や文字のみのブログより動画をバックにブログを書く世界になってきていますが、私にはこれが性に合っているようで。

これからもできる範囲で続けていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

と、前置きが長くなりましたが。

私の実家を出てスマホスタンプラリーや買い出しを済ませたらランチに向かいます。

あ、書くの忘れてましたが今年もスタンプラリーやってますよ!

www.driveplaza.com

ちなみに去年は130カ所ぐらい回ってプレゼントも応募しましたが外れたようです orz

今年は道の駅スタンプラリーも!スマホでデジタルスタンプラリーをやっています。

hokkaido-michinoeki.jp

 

さてランチに…と思ったのですがいつも行っているカリフォルニアさんがやっていなかったので、私のお気に入り「らぁめん くらり」さんに伺います。

マイ・ベスト・ラーメン屋さんだと断言してもいい。

店頭もカフェ風にちょっとリニューアル

「らぁめん くらり」さんの店内で「カフェ エミル」さんのコーヒーも戴けるようになりました。

 

壁のメニューはほぼ剝がされ、小上がりスペースがなくなりテーブル席に

各テーブル下に荷物入れとゴミ箱が完備。

入口にもあるのに一席ごとに除菌ジェルを置く親切さ!

カウンターはさほど変わらず。ティッシュはカウンター下にあります

ご主人&奥様の服がカフェ風の制服&キャップになったので、ちょっと厨房での作業は暑苦しい気もしますが…

その辺は季節により調節してもらいたいですね。

ラーメンは内容・値段ともに変わらず

前はメニューに画像が載っていたので文字のみだとちょっと分かりにくく感じますが、最近はメニュー表の枚数が多いとお客様が帰られた後の消毒が大変ですからね…

裏面には人気ラーメンとカフェメニュー

私はここに来たら白。白一択。

塩ベースに味噌と醤油のブレンドが絶妙なんですよ。

(とはいえ緑や通常らぁめんを頼んだこともあり)

というわけでやってきましたよー

白800円

夫は赤850円

以前は蓮華が入った丼だけを渡されていたのですが、リニューアル後はプレートに丼とお箸と蓮華とおしぼりが載せられるスタイルになりました。

テーブルにあったお箸は撤去されましたね。これもコロナ対策なのでしょう。

ちょっと丼が丸っこくなって小ぶりになった?気がします。前はもっと上に向かって開く形の丼でした。

何だかカフェを意識した感じですね、正直前のままでも十分好きだけど(笑)

いや、だって、ラーメンの味も厨房も本格的でこれはカフェじゃないでしょ…

リニューアルしても厨房隠す気ないみたいだし(隠さなくていいのです)。

味は変わらず、以前と同じ白でした。安心した。麺の量も減ってないと思われます。

このスープのブレンドのバランスがたまらんのですよ。

 

ご主人の対応も以前と変わらず元気な声。

「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」の声が聞けて嬉しくなりました。

忙しい時間帯に対応がお粗末だったという旨の書き込み(某口コミサイト)もありましたが、ラーメン屋さんでそれは致し方ないかと。

普段はご主人・奥様ともにとても暖かい対応をしてくれる良店です。

混んでる時間帯は駐車場が空いていないのが悩みの種だけど。

 

折角なのでリニューアル記念にカフェオーレでも…と思ったけど500円はちょっと高いのでこれは断念 orz

札幌を後にして次は深川方面に向かいます。

長くなったので続きは次回。

 

 

↓ポチって頂けると励みになります。よろしくお願いいたします↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

 


北海道旅行ランキング