アズミLv.49の雑記帳

北海道在住アラフィフ転勤族夫婦の雑記、車中泊&温泉、miffyの話など書いています

温泉の話_芦別市「芦別温泉スターライトホテル& おふろcafe星遊館」

施設名長いな…

 

それはさておき、8月は毎週のようにお墓参りだの所用で札幌だのお出掛けしていたらロクにブログ書けずに9月になりました。

私たち夫婦が住んでいる地域ではもう秋の雰囲気です。

夏短かったな…

先週末も夫の親族のお墓がある地域へ向かったのですが、そちらの温泉には去年お邪魔しているので今年はそこからちょっと離れた芦別へ。

中心街を進み、山の奥の方に入っていくときれいな温泉ホテルが登場します。

小雨がぱらついていて残念

 

ofurocafe-seiyukan.com

今回お邪魔したのはタイトルにも書いてある通り「芦別温泉スターライトホテル& おふろcafe星遊館」さんです。

元々小学校の跡地から湧出した温泉のため、体育館が現存しており合宿などにも使われる施設なんですね。

 

まずは入館し、日帰り入浴の料金を払います。

コースは90分とフリータイムがあり普段2時間は入る私たちはフリータイムを選択。

この日は土曜日だったので1,255円になります。

会員(大人一人220円)になると1,090円になるので2回以上行く人は会員になった方がお得ですね。

札幌のスーパー銭湯温泉並みの料金ですが、朝から夜までずっといるなら納得の価格でしょうか。

フロント横のミニテント&チェア

新しいこともあり、内装が凄くオシャレなんですよ…

10~40代あたりをターゲットにしているところがとても分かりやすい。

 

フロントで入浴料を払いシューズロッカーのカギを預けると、ナンバーのついたアームバンドとタオル&バスタオルのセットを渡されます。

(フリータイムの人のみタオルセットレンタル付)

施設内での支払いはこのナンバーで記録されるってことでしょうね(何も買ってないからわからないけど)。

温泉に向かいますが、…なかなか遠い。

しばらく歩くと暖簾が見える

廊下はギャラリーも兼ねています

火はついていません

写真外右側が男女脱衣所&大浴場

ここにたどり着くまで2分ぐらいは歩いたかな。

ちなみに上の画像真ん中が入ってきた通路。

実際に入ってくると左側に温泉の入口があります。

脱衣所入口横にあった温泉分析表

温泉は2種類湧出されているそうです

脱衣所・温泉の中はすごく混んでいてさすが土日という感じ。

元々壁側に備え付けられているロッカーの他に、後から置いたと思われるコイン式ロッカーがあります。

混雑時は据え置きロッカーは埋まってしまい、こちらを使うには100円玉がいるので前もって用意しておいた方が良いかもしれません。

温泉の設備など詳細はHPをご参照ください。

感想としては洗い場の数はそれなりあり、備え付けのシャンプー・リンス・ボディソープは洗い上がりが良かったです。

スチームサウナでは塩・泥パックが出来るようになっており、これは同系列の新冠温泉でも用意されていたので他の系列施設にもあるのかもしれません。

サウナもセルフロウリュが出来るようになっており、露天風呂には外気浴できるチェアがたくさん並んでいたのでサウナ―にも喜ばれますね。

サウナ後の水風呂が源泉になっており、これがなかなか気持ち良かった!

あとジャグジーや寝湯、低温風呂、高温風呂もあり高温は43度を表示していました。

正直48度に慣れてしまった私には… orz

 

さて2時間堪能して脱衣所に向かいますと…相変わらず混んでます。

ドライヤーを使う方は早めの着替えがベターです!

レンタルのタオル。脱衣所に返却かごがあります

館内に湯上がりラウンジがあるとのことだったので、夫と色々見て回ります。

先ほどの入口の横にはパン販売所と真ん中奥がラウンジ

左側のブースでは同系列のパン屋さん・ホリエモンプロデュースの「小麦の奴隷」のパンが販売されているようでしたがこの時は既に閉店でした。

奥の湯上がりラウンジへ。

ネットをつなげるテーブル(8席ぐらい?)があり、そちらには大学生ぐらいの方々が陣取っていて撮影できませんでした。

真ん中にあるのはツリーハウスのようで、子供の基地みたいな感じ。

ツリーハウスの裏側にもキャンプをイメージしたチェアが

窓際のテーブル席も勉強などに良さげ。

飾ってあるカメラもレトロ感があって良き

子供が好きそうなハンモックチェアも

女性にピッタリの無料ブース「ビューティーバー」まで…

至れり尽くせりですね。

ちなみに右側の仕切りの奥は「整体プータン」というお店になっています。

 

ラウンジから体育館につながる方にも休憩所があります。

こちらにも漫画がいっぱい

イスでも床でも好きな体勢で漫画読めるのっていいかも

夫が「自分ならずっと座っていそう」というオサレなチェアもある

色々オサレ過ぎて撮影したい場所が多いんだけど、人が多くてなかなかイイ感じに撮れなくてすみません。

そして漫画が本当に多いんですよ。

HPには「10000冊のコミックや雑誌が読み放題」と書かれているので、何もない休日に好きなだけ〝おこもり〟するにはいいだろうなあ…

 

さて湯上がりラウンジを出てフロント近くの「おふろカフェ」へ。

その途中にも湯上がりの設備が充実しています。

マッサージチェアのあるスペース

無料のマッサージ機が利用できるとHPに書いてあったけど、これも無料なのかな…

やってみればよかった。

通路横にあった休憩所。ご年配の方はこちらの方が落ち着くかも

温泉あるあるのゲームコーナー

2階には仮眠室もあるそうです

仮眠室の利用には特にお金がかからないようですね。

これなら朝から晩までいてもいいわ…

(シャッター音が申し訳ないので行きませんでした)

 

さておふろカフェにはフリードリンクがありまして、2種類ほど戴きました。

4種類のウォータージャグ(って何?)とコーヒー

かなり写っちゃったお姉さんすみません。

 

黒板の文字を清書しますと…

デトックスウォーターとは

野菜や果物・ハーブを水に浸して作ったフレーバーウォーターです。

おいしく手軽に水分補給が出来ます。

★レモン水

★ライムアップル

★パイナップル&ハイビスカスティー

一番左のは普通のお水ですね。

個人的にはライムアップルが一番おいしかったです。

それにしてもただのお水だけじゃなくコーヒーやフレーバーウォーターまで飲み放題とは…

フリーWi-Fiも電源も使い放題だし、1日中居たら完全に元取れますよね。

おふろカフェでは雑誌も充実

画像にはあまり写っていませんが、右側の棚には無料レンタルのブランケットやボードゲームもあるんですよ。

真ん中の青いバケツはエアコンから水が漏れていたらしい

右側の木の箱には大人一人が寝そべりながら本を読めるスペースになっています。

人気なようですべて埋まっていました…

雑誌のセレクトはもちろん暖炉や展示物もオサレ

画像外右側には宿泊者限定のスペースもあり、そちらはもっとシックな雰囲気だったのですが、さすがに撮影できませんでした。

その手前にあるショップ

真ん中辺はサウナグッズが勢ぞろいしていますが、奥の方は北海道の地ビールやアイスなどが揃っていましたよ。

レストランも時間があったら行きたかったけど(この周り他に飲食店が何もないので)、20時半ラストオーダーだそうで行けませんでした。

 

いやもうオシャレな施設で写真撮るところがいっぱいあり過ぎました…

2時間じゃ全然足りない。半日は欲しい。

とはいえ今日はそろそろ夕食のために移動しなければ。

次はもっと時間に余裕を持ってきます!

 

長くなったので続きは次回。

 

 

 

↓ポチって頂けると励みになります。よろしくお願いいたします↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

 


北海道旅行ランキング