アズミLv.48の雑記帳

北海道在住アラフィフ転勤族夫婦の雑記、車中泊&温泉、miffyの話など書いています

週末の話(13)弟子屈町 硫黄山~摩周湖第一展望台

ホテル開紘さんを出た後、何度かブログに登場しているこちらのスタンプラリーの旅に出ます。

www.driveplaza.com

川湯方面は2015年に一度訪れているのですが、その時はブログもスタンプラリーもやっていなかったので行っておかねば。

まずは大鵬相撲記念館でスタンプをゲットし、硫黄山レストハウスに向かいます。

f:id:azu-miffy:20211027120539j:plain

黄山。左側がレストハウス。小雨がぱらついていました

駐車場に入る時知ったのですが、こちら駐車場代が500円かかります。

というのも、2015年に来たのは駐車場代がかからない冬期間。

そのかわり冬期間(11月下旬~翌年4月上旬)はレストハウスが休業。

ただしこの時戴いた駐車券を摩周湖第一展望台(摩周湖レストハウス駐車場)で出すとそちらの料金がかかりません(2日間限り)。

摩周湖第一展望台に単独で行くと500円駐車場代がかかるのでセットで行くのがベターですね。

 

で、スタンプをゲットした後せっかくなのでレストハウスに立ち寄ります。

f:id:azu-miffy:20211027120544j:plain

カメラのレンズが曇って照明が光りすぎ…

お土産やホットスナックなども揃っていて程よい休憩スペースです。

f:id:azu-miffy:20211027120541j:plain

硫黄といえば温泉饅頭と温泉卵ですかね

どうせならどっかの養鶏所と稲作農家とコラボして温泉たまごかけごはんとか出してくれればいいのに…

ってここまで来て卵かけごはん食べる人いないか。

f:id:azu-miffy:20211027120546j:plain

弟子屈神社の出張所(?)も

レストハウスの硫黄山側のスペースでは硫黄山の歴史がパネルで語られ、様々な展示物も置いてあります。

f:id:azu-miffy:20211027124656j:plain

黄山の生い立ちや鉱山に関する歴史などのパネルが展示されています

f:id:azu-miffy:20211027120549j:plain

蒸気機関車「進善号」の1:3模型

黄山の歴史はこちらが簡単でわかりやすいかと。

www.kawayu-eco-museum.com

マンガ「ゴールデンカムイ」でも舞台になった硫黄山

コミックス12~13巻、採掘で失明した囚人・都丹庵士(トニ アンジ)が登場した話でした。

この週、掲載誌のヤングジャンプでまさにトニさんが活躍してて…(涙)

 

まぁそれは置いといて。

次の目的地摩周湖第一展望台へ向かいます。

まずはスタンプをゲット。

 

摩周湖に関しては色々ジンクスというか「説」があるそうです。

「未婚者が、霧のかからない晴れた摩周湖を見ると、婚期が遅くなる」
カップルで摩周湖を訪れて、霧で湖面が見えなければ、関係が長く続く」
「お金持ちの人が摩周湖を訪れると湖面は霧に閉ざされ、貧乏な人が訪れると湖面は晴れる」
「晴れた摩周湖を見ると、出世できない」

 

…ちなみに2015年に夫(当時彼)と訪れた時

f:id:azu-miffy:20211027130002j:plain

晴れとるー

そして今回、2021年に夫と訪れた時

(風が強くてぬいぐるみは置けなかった)

f:id:azu-miffy:20211027130005j:plain

曇ってるけど普通に見えとるー

確かに晩婚で貧乏で出世は夫婦そろって望んでいません。

…関係、長く続かないのかなあ…orz

いやいや、「見えなければ長く続く」というだけで「見えたら短く終わる」ってわけじゃないし。

42歳で結婚したんだから20歳で結婚した人たちより短く終わるのは平均寿命的に当然のことだし。

と、自分に言い聞かせて帰ることにします。

 

こちらの展望台も広いお土産売り場とたくさんのお土産・名物が並んでおりました。

摩周湖の展望台は現在こちらの第1と第3と裏摩周展望台の3か所あるようですが、観光としてはこちらがメインのようですね。

景色に違いがあるようなので、ドライブを楽しみたい人には3カ所回ってもらいたいものです。

 

帰る前にスタンプをゲットするために道の駅に寄ります。

続きはまた次回。

 

 

↓ポチって頂けると励みになります。よろしくお願いいたします↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

 


北海道旅行ランキング