アズミLv.48の雑記帳

北海道在住アラフィフ転勤族夫婦の雑記、車中泊&温泉、miffyの話など書いています

週末の話(2)_お墓参りと職の話

人間ドックも無事終了した翌日の8月28日、ホテルをチェックアウトして向かったのは私の両親のお墓参りでした。

父方は札幌市、母方は仁木町にお墓があります。

夫の実家のお墓参りはお盆前に済ませたので(緊急事態宣言前なのでお許しを)、今回は来札のついでに行ってもらえることになりました。

というか仁木町の隣にある余市町にはニッカウヰスキー蒸留所がありまして、こちらの限定商品を買いに行くついで…が正しいかと。

 

引っ越しやら多忙やらで母方の墓参はここ数年母と姉に頼り切りでしたが、久々に行くと…

墓増えてて場所が分からんorz

大体の場所はわかっていたので数分でたどり着けましたが目印の木がないわ特徴のあった墓がないわ…等々にちょっと驚きです。

ここ数年、墓じまいとか仏壇を処分という話を聞きますが…これもコロナの影響の一端なのでしょうか。

それともそういう話を嫌でも耳にする世代になったということかorz

 

墓参を済ませニッカの余市蒸留所に向かったのですが…

休業中ですよねー 緊急事態宣言出てますもんねー

蒸留所はともかく売店はやっていてほしかった…

ちなみにほしかったウイスキーはコレ↓

f:id:azu-miffy:20210902134829j:plain

ニッカ シングルモルト余市 ピーティ&ソルティ 180ml


500mlで6800円らしいのですが、180mlのお値段忘れました。

ウイスキーはもっとミニボトルが出てほしいですね。大体700~1000mlですから。

試しに飲んでみたくても店にあるのは大抵720ml。

「試し」なのに大量に買わなきゃいけないなんて、そりゃ酒離れも進むってもんです。

オシャレなスコッチバーに行かなきゃ少量を試せないなんて敷居が高すぎる。

「記念にボトルを取っておく」としても通常サイズのボトルはデカすぎるし。

私はウイスキーほとんど飲みませんが夫のようにアラフィフになってハマる人もいるし、コロナ禍の今だからこそサイズも限定品の通販も充実させていただきたいですね。

 

というわけで酒の話はさておき。

余市を後にして札幌市内の某モアイ霊園に移動です。

相変わらずモアイ(というか像も墓も全体的に)増えてます…

 

父方の墓ではあるものの、次男である私の父は生前ここに入るつもりはないと話していました。

(法律的には次子以降も墓には入れます。ただし墓地の規則が優先)

子である自分は詳細を知りませんが家族仲の絡みもあったと思われます。

父が亡くなり、夫の転勤もありここに来る回数は今後減ってしまうかもしれません。

 

ただ一つ、祖先には感謝していることがあります。

20年ほど前に友人に誘われ「霊視占い」に行ったことがありました。

(観てくださった方は女性で祈禱師さんとのことです)

霊感ゼロな自分には単に面白そうという気持ちと、30歳を前にして今後の人生に何か客観的な、自分じゃ思いつかない視点からのコメントが欲しくて。

その時相談内容は今の仕事を続けるべきか…ということしか告げなかったのですが、

「守護霊は男女1人ずつ、あなたに似てるからどちらも血縁者だと思われる」

「女性は男性よりはっきり見えるからより近い人、多分おばあ様とか」

「どちらも物づくりを生業としていた職人さんのようなかた」

「あなたは血縁の中でもその才能を強く継いでいる」

「二人が守護霊だから継いだのか、才能を継いだから二人が守護霊なのかはわからない」

「ただ今のあなたを二人が優しく見守っているのは確か」

「結婚しても会社を辞めても、今の仕事は続けた方が良い」

…と、こんな感じのアドバイスをいただきました。

確かに私、体質は母方の要素を受け継いでいるんですが顔は父方の祖母に似てると言われていたのです。

しかも父は左官職人で、父方祖母は和裁職人、先祖は岐阜か滋賀辺りで下駄職人をしていたと父から聞いています。

そして私と同世代の親戚で、一人で何かを作ることを生業にしている人は私だけ。

(オカンが某庁地下食堂で麺類作ってたとかは別として)

まさかこんな縁があったとは…

祖先には感謝しなくちゃいけないなと初めて思った出来事でした。

 

私自身何かを作る、表現する、それで人の役に立てる仕事がしたくて当時の職に就いたという流れがありました。

「ハナから完璧なんて目指さない、失敗すれば何かを学べてラッキー」という職人とは程遠い感覚で仕事をしているくせに、制作媒体&雇用形態は変われど結局今の今まで同じ仕事をしています。

まさかあれから20年経ってもお仕事があるとは…

守護霊さまが見守ってくれているお陰もあるのでしょう。多分。

お盆に墓参はできなくなっても、いつでも祖先に感謝の気持ちを持ち続けたいですね。

(もちろん仕事をくれる人、支えてくれる人にもいつも感謝してます)

今年のお墓参りは、そんな気持ちを伝えに来ました。

来られなくなっても、これからもずっと感謝しています。

 

お墓参りはこれで無事終了、遅めのランチは清田区北野のラヴェリテ21へ。

laverite21.owst.jp

 

札幌在住だったころよく行っていた大通の居酒屋「ちょくちょく」のオーナーさんが現在やっているお店。

今でも行くたび顔出してくれて、本当にありがとうございます。

こちらで汁なしソーキそば戴きました!

f:id:azu-miffy:20210902202912j:plain

汁なしソーキそば。セットで1200円(この後デザートがやってきました)

この後今月のじゃらん見たら、マリトッツオとか掲載されていましたね。

テイクアウトすればよかったー

 

またもや長くなったので続きは次回。

 

↓ポチって頂けると励みになります。よろしくお願いいたします↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

 


北海道旅行ランキング